07 | 2017/08 | 09

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

クラン運営

第6回のアヴァラジを聞いてクラン運営とはなんぞや?ということを考えさせられたぴすたちおです。
今回のラジオ内容はAVAのプレイヤーレベルを上下2つに分けたとき、前半は下層、後半は上層向けの内容でなかなか濃いものだったのではないかと思います。
うちのマスターのAxelaに早く聞いた方がいいよと催促しているのですが、
Axela「俺はMinoRityというクランをみんなの手で作っていきたいから俺が色々試行錯誤するのはおかしいと思う」
という理由をつけ全く聞こうともしないへたれっぷり。

うちのマスターと違いかわたん、太陽と影さんは色々考えてるんだなあって思いました。

クランを長く存続させることはとても難しいことだと思います。
太陽と影さんも言ってましたがクランを設立してしばらくすると中だるみというかIN率が下がりクラン活動が出来なくなってしまう時期が確実に来ると思います。
恐らく大会がないちょうど今の時期はモチベーションも上がらないでしょうし、マンネリ化してしまったクラン戦に飽きてくる方も出てくるでしょう。
私はこういった現象は必然的に起こるものだと捉えているので、この波を越えることができたらクランとして一皮剥けることができると思います。
クラン解散原因の多くはIN率の低下から招かれることが多いです。

そういう時の対処法として思い切ってみんなで他ゲーやるのもいいんではないでしょうか?
ハンゲーム、MMO、洋ゲー、色々あると思いますが、ここで大事なのはクランメンバーと一緒にやることです。
他にもメンバーを増やしてクラン内の活性化を測るということも出来ますが、人選は慎重に時間をかけてやらないと、c4持ちがクラン内に紛れ込む可能性があり、逆にクランを解散させてしまうことがあります。

また、ある程度のメンバーで集まって結成したクランというのは、結成直後はおもしろいように勝っていけると思います。しかししばらく経つと勝てなくなる時期というものが来ると思います。これもまた越えることができればクランとしてより一歩成長することが出来るのではないでしょうか?
春~夏前頃には強いクランがいくつか存在しましたが、いつしか姿を消したのは結成直後には出来ていたことが出来なくなったからでしょうか。

私は強豪クラン様同様に、長く活動されてるクラン様もすごいなと感じています。
お遊びで作ったはずのMinoRityはいつまで続くことができるのか?
可能ならいつまでも続けていたいと願っています。
スポンサーサイト
 

Comment

No title

ちょっとC4設置してくるわw

2010/11/15 | 消しゴム男[URL] | Edit

        
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。